血圧

産地から青汁を選ぶ

サプリメントや健康食品を選ぶ際に一番気を付けるのは何でしょうか?
多くの人がメーカーの名前に信頼がおけるかどうかでしょう。
確かにそれも重要なことなのですが、それよりも、どこで作られた材料なのかを注目してみてください。

青汁の原材料の産地を確認することは、安全性や成分を確認することにつながります。
特に青汁の主な原料は野菜です。
どこの土地で作られているかによって含まれている栄養素や味が違ってくる場合もあります。
原材料の詳細を表示していないものだと、国産でないものが多く、化学肥料をたくさん使用して栽培した可能性があり安全性に不安があります。
そのため、どこで作られているの不透明な原材料を使用している青汁は避けたほうがよいでしょう。
効果が高く、安心できるメーカーの製品は、野菜の栽培方法から管理の仕方まで細かく表示しているものです。

例えば九州などは、青汁生産が盛んな土地です。
青汁によく使われているケールなどは、九州の豊かな土と、さんさんと降り注ぐ太陽に育てられ栄養価は他の産地をしのぐほどです。
島根や岡山、茨木でも栽培されています。

大麦若葉は比較的栽培しやすく、日本各地で作られていますが、やはり九州で栽培されたものが栄養たっぷりです。
また、クマザサを配合しているメーカーもありますが、クマザサは長野や東北地方、山口、鳥取や屋久島など厳しくも空気がきれいな土地で採れたものを使用していると良品と言えます。

また、原材料にこだわるメーカーは、専属契約している農家で野菜を栽培していることが多いのでその品質管理は徹底しているといえるでしょう。
その他、関東地方で作られるホウレンソウや小松菜、八丈島の明日葉など様々な産地がありますので、それらがはっきりしているものを選ぶことをおすすめします。

青汁の産地として共通して言えるのは、自然が豊かであること、その野菜の種類に合った土地で栽培されていること、空気がきれいなこと、水がきれいなことなどが挙げられます。
これらの産地の特徴をしっかり把握し、青汁選びの参考にしてください!