血圧

ラーメンに青汁を入れて食べよう

日本人の大好物と言えばラーメンです。
もとは中国料理が起源ですが、日本人が改良していき、今では日本料理と呼ばれるほどです。
美味しいラーメンですが、ちょっと栄養バランスやカロリーが気になるところ。
そこで、青汁を足すとラーメンが栄養豊富な健康食になるのです!

え?ラーメンに青汁!?と驚かれるでしょうが、青汁を入れることでラーメンの野菜不足が補えるのです。
青汁は様々な野菜を絞り出し粉末にしたものです。
野菜に多く含まれるカリウムやビタミン、ミネラル、食物繊維などを摂ることができます。
また、野菜の種類によっては、血液を浄化したり、血糖値を下げたりと色々な効果が期待できるのです。

ラーメンには、鳥や豚や牛、魚や貝や海藻類などでダシを取ります。
さらに野菜を加え、しょうゆを加え、味噌を加えとなると尋常でない塩分とカロリーになってしまうのです。
最近では、脂肪分控え目塩分控え目な製品が開発されていますが、どうしても栄養バランスに偏りが出てきてしまいます。
ラーメンは食べすぎると高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかりやすいリスクがあります。

でも、やはり食べたいですよね!
そこで、ラーメンのスープに青汁を溶かすのです。
熱によって栄養が壊れることもないので安心です。
そうすることによって、野菜の栄養を丸ごと摂ることができます。
青汁には独特の苦みや匂いがある製品があります。
栄養価は高いでしょうが毎日飲むとなると大変です。
ですので、ラーメンスープに混ぜることによってこれらの匂いや味を消すことができ、大好きなラーメンも一緒に食べることができるのです。

さらにそれでも気になるという人は、麺の生地に粉末を直接練り込んだ製品が乳酸菌製品の大手メーカー「ヤクルト」から出ているので試してみるとよいでしょう。
これなら味も匂いも全く気にせず、普段どおりに食べることができます。
ちなみに飲料のヤクルトと青汁の相性もとても良いですよ。

青汁は粉末ですのでラーメンの他にも様々な青汁レシピがあります。
また、子供には青汁粉末をケーキやクッキーに混ぜて作って上げることができます。
食べ物に混ぜることによって、普段の食事の栄養価をアップさせることがでるのです。
自分のアイディアで色々な食べ方を発見していきましょう!