血圧

青汁のおすすめの割り方は?

昔の青汁と言えば苦くて飲みにくいというのが定番でしたが、最近ではクセや苦味を無くして大変飲みやすい使用になっています。
しかし、自然の野菜を使っているので全てを消し去る訳にはいきませんので、どうしても苦手と言う人はいるでしょう。
今回は青汁のおすすめの割り方をご紹介します!

青汁は粉末になっているので色々な飲み物と混ぜて飲むことができます。
まず、野菜ジュースです。
野菜ジュースと混ぜると、野菜の甘みやさっぱり感が出て、青臭さや苦味が気にならなくなります。
その上、ジュースに含まれている野菜の栄養も摂ることができ栄養価がアップした飲み物になります。
しかし、ニンジンが含まれているジュースは避けてください。
ニンジンには、ビタミンを壊す成分が含まれているため、青汁の栄養素にも影響があるからです。

同じようにフルーツジュースを組み合わせるのもよく、フルーツの栄養価も取れ、甘い口当たりで飲みやすくなります。
小さなお子さんでもおやつ代わりに抵抗なく飲んでくれるのでおすすめです。
しかし、野菜ジュースやフルーツジュースの種類によっては糖分が多く含まれているので、飲みすぎには注意したほうがよいでしょう。

そして一番のおすすめは、豆乳と牛乳の組み合わせです。
豆乳は女性ホルモンに似た働きをするエストロゲンが豊富に含まれており、青汁のビタミン、ミネラル、食物繊維と合わさって、女性のトラブルや美容に大変効果的な飲み物に変わります。
そして牛乳と組み合わせると、牛乳から得られるタンパク質、カルシウムを一緒に摂ることができ高い栄養素を摂ることができます。
「乳」が付く豆乳や牛乳は味をまろやかにする効果があります。
野菜の苦味が程よく消され抹茶オレのような味わいになるでしょう。

物足りない時は、はちみつや黒砂糖などの自然の甘味を加えるとさらにおいしくいただけます。
中でもオリゴ糖と青汁の相性はとても良いです。
レモンやライムの柑橘系の汁を絞って、青臭さを消す方法もおすすめです。

青汁を苦手なままで放置していることはありませんか?
栄養バランスが抜群な青汁を捨ててしまうにはもったいないです。
このように色々なアレンジをすることでとても美味しくなるので、みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいね!