血圧

青汁は離乳食に入れてもいい?

子育て中のお母さんたちには子供の健康が気になりますよね。
特に食事には栄養がたっぷりのものを与えたいですよね。
青汁は緑黄色野菜の栄養が多く含まれているので、お子さんに与えてみたい方もいるのでは?
しかし、離乳食に青汁を混ぜることはできるのでしょうか?

基本的に青汁は野菜であり食品です。
自然の食品なので薬ではなく、赤ちゃんに食べさせても害はありません。
それどころか粉末状になっているので何にでも混ぜやすく消化も良いです。
野菜の恵みをそのままいただくことができますので、赤ちゃんにもおすすめの食品なのです。
さらに、小さい頃から青汁を与えることによって野菜の味にならし、成長してからも野菜を抵抗なく食べてくれるようになるというメリットがあります。
しかし、一つだけ気を付けなくてはならないことがあります。

赤ちゃんの消化器官の機能は幼いためにまだ未発達の段階です。
大人はしっかり栄養素を処理することができますが、赤ちゃんの内臓だと出来ない場合があります。
青汁の栄養素は高く、カリウムや食物繊維を多く含みます。
これらを大量に与えると、お腹を壊したり内臓に異常が現れる場合がありますので、離乳食に混ぜる時は大人の半分以下がよいでしょう。
おかゆに小さじ一杯程度混ぜたり、スープに混ぜたりすると食べやすいでしょう。また、市販の離乳食に混ぜて与えることも手軽で与えやすいですね。
入れる量が少量だと、匂いや苦味を感じることなく赤ちゃんも嫌がらずに食べてくれます。

しかし、緑茶や抹茶を使用している青汁にはカフェインが含まれているので避けたほうがよいでしょう。
また、乳酸菌やコラーゲンなど機能性成分が含まれている場合があります。
赤ちゃんには負担になる成分がありますので、表示をチェックし、与えるか与えないかの判断をしてください。

また、飲めるようであれば、離乳食に混ぜなくてもそのまま水に溶かしてドリンクとして与えることも出来ます。
その時も量は大人の半分以下を守ってください。
青汁の健康パワーをぜひ赤ちゃんにも分けてあげてくださいね!