血圧

青汁を飲む時間で効果は変わる?

野菜である青汁に飲む時間は決まっていません。
薬には決められた時間がありますが食品にはそのようなことは必要ないからです。
しかし、青汁は飲む時間によってその効果の現れ方がまったく違うのです。
飲むタイミングを知ることによって自分の求める結果が出せるのです。

まず、一日の始まりの朝に飲むとどのような効果が得られるのでしょう。
起きたばかりの朝は、身体が水分と栄養を一番欲している時です。
その時間に青汁を飲むと体内に栄養が行きわたりやすいので、野菜不足を感じている人の栄養補給の時間に適しています。
冷たいお水では飲まず、常温の水で割って飲むと吸収が早く、胃にも負担を変えません。
また、朝食と一緒にとっても栄養バランスが取れた食事になりますので一日のパワーがこれでみなぎります!

次に、食前に飲む場合です。
食前に飲むと、青汁に含まれる食物繊維が胃で膨らみ満腹感を感じます。
それによって満腹中枢を刺激し、食事の量を減らすことができるのです。
青汁はダイエット中の方におすすめの飲み方です。
さらに青汁が先にお腹に入ることによって、血糖値の急な上昇を抑えることができ、糖尿病が気になる人にもおすすめのタイミングです。

また、就寝前に飲むと便秘の解消に効果があります。
食物繊維がお腹を刺激して朝にはすっきり出すことができます。
さらに、ケールを主原料に使っている場合、ケールに含まれるメラトニンが睡眠をサポートしてくれます。
しかし、いくらメラトニンが含まれていても薬のようにはいきません。
それ以上に、青汁には食物繊維が多く含まれるので、消化のために腸が動いてしまい、それが気になって睡眠の邪魔をする場合もあるようです。
さらに就寝前にはなるべく食物を胃に入れない方が内臓が休まってよい睡眠が取れます。
ケールが入っていても就寝前に飲むのがダメであれば、夕飯の後に飲むなど時間をずらして飲む工夫が必要です。

効果別の飲むタイミングはこのように色々ありますが、自分の体調に合った飲み方を見つけることがベストです。
自分が飲みやすいタイミングを見つけ、無理をせずに青汁を毎日続けることで健康効果を実感することができるのです。