血圧

気軽に飲める粒青汁!

通常青汁は水で割って飲みます。
牛乳や豆乳やジュースに混ぜたレシピもありますが、それでも味や匂いが苦手という人も多いと思います。
しかしそのような人たちのために青汁には様々な形状が存在しています。
ここでは、粒タイプの青汁の特徴をご紹介していきましょう!

粒タイプの青汁の主な原材料はケールです。
ケールは粉末タイプだと、苦みがあり青臭さもありとても飲みにくいものなのです。
栄養価は高いのですが、あまりのまずさのため遠ざかってしまう人もいるはずです。
昔と比べて飲みやすく改善されてはいますが気になる人はやはり拒否反応を起こします。
しかし粒にすると、その飲みにくさがありません。
においや味を気にすることなく摂取できます。
口に入れて水で流し込むだけでいいのです。
また、水と混ぜてシェイクするというわずらわしさがありません。

粉末タイプだと外出先でもシェイカーを持っていかなくてはならず、水も必要です。
粒タイプだとどこにでも持ち運びが可能で手をかけることなく飲むことができるのでとても便利です。
荷物にならないので、野菜不足が気になったときには旅行先でも利用することができます。

しかし粒タイプは液体タイプに比べて栄養価が劣るという弱点があります。
液体タイプは一日に一杯~二杯で済むものが、粒タイプだと一日に30粒は摂取しなくてはなりません。
これはメーカーによっては一日に数粒で済むものもありますのでそちらを選ぶことが賢明です。

またダイエット目的で青汁を飲む人には液体を胃の中に入れたときの満腹感が得られません。
食物繊維が胃の中で膨らまないからです。

さらに錠剤の薬が苦手な人や、のどにつかえるお年寄りなど、形状的に飲むに適さない場合もあります。
これらの事から、確かに粒タイプは便利ですが、もっぱら野菜不足を解消する目的で摂ることが効果的と言えます。

粒タイプは手軽に摂取することができますが、目的別には適さない人もいますので、好みや、体調、自分のニーズに合わせて利用することをおすすめします。
ストレスがかからない方法で青汁を毎日続けることで健康増進が期待できるでしょう。