血圧

青汁と血圧の関係性

野菜のカリウムをたっぷり含む青汁は高血圧を予防するのに効果がありますが、実は低血圧にもよい効果があることをご存知でしたか?
高血圧ばかりに目がいき、低血圧のつらさを知らない人が多いようです。
では、青汁はどのようにして低血圧に効くのでしょうか?

低血圧とは、血圧が正常値よりも大きく下がっている状態です。
最高血圧が100mmHg以下の数値になっても低血圧と判断されます。
高血圧は、血液の流れの勢いが強いのですが、低血圧はそれの反対で、血流が弱いことによって身体や脳に血液が送られにくくなり、めまいや立ちくらみ、朝起きるのがつらい、肩凝り頭痛がひどいなどの症状を起こすのです。
全く自覚症状が無い場合もあり、あまり病気としては認知度が低いものなのです。
そのため放置して症状を重くする恐れがあるのです。
もし、これらの症状が一つでも当てはまったるのなら、低血圧を疑ってみて下さい。

そしてこの低血圧をサポートしてくれるのが青汁なんです。
青汁は高血圧を改善する働きがあるため、飲むと血圧が下がるのではないかと気にする人も多いでしょう。
しかしビタミンやミネラル、食物繊維といった豊富な栄養素http://xn--0-kb9b083j.com/nutritional.htmlが青汁には含まれています。
低血圧改善には、身体の基礎を整え、調子を整えることが重要になってきます。
青汁を飲むと栄養補給ができるほか、食物繊維によって血液中の悪玉コレステロール―を減らし血液をきれいにすることができるのです。
それにより血流が良くなると、身体全体の機能が向上し血圧がちょうどよいくらいに高くなるのです。

また、良質な睡眠をとり神経の安定を図ることも重要です。
そして、特にケールに含まれるメラトニンが良質な睡眠をサポートし、毎日の朝のスタートをスッキリと迎えられることができます。

ただ、青汁だけ飲んでいればすべて解決するわけではありません。
無理なダイエットを行ったり、夜更かししたりと、生活のリズムを壊していると低血圧は改善しません。
自分の生活をよく考え、ストレスをためず食事のバランスを考え軽い運動を取り入れながら規則正しく生活を送り、低血圧を改善しましょう。